スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨシムラとCB400Fの密接な関係?!

CB400Fは1973年にデビューして、バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、そのCB400Fのスタイルをさらに引き立たせてくれるチューニングパーツが「ヨシムラ」であると私は思うのです。
 ヨシムラといえばマフラーが有名ですが、当時のマフラーと言えば、インラインフォーのタイプが当たり前とされていた時代に、唯一ヨシムラでは、4in1の集合管タイプを採用していました。
 今になって再認識されたことですが、集合管のシステムは画期的でした。
 各シリンダーからの排気ガスが1本に集合して排出されますよね、その集合する際に、猛スピードで通り抜ける排気ガスが他のシリンダーのエキゾーストパイプに負圧を発生させるのです。
 それが高速で何度も繰り返されるので排気ガスが吸い出される状態になり、結果的に排気効率が飛躍的にアップしたのです。
 それをヨシムラがいち早く気付き始め、現在ではそれが当たり前となっている状態ですね。
 CB400Fはいち早く集合マフラーが製造され、他のバイクを圧倒するほどに性能をアップさせましたからその差は歴然ですよね。
 もしかすると、ヨシムラジャパンというメーカーがあったからこそ、CB400Fがここまで有名なバイクになったのかもしれませんね!
スポンサーサイト

CB400Fといえばヨシムラ管

CB400Fは1973年にデビューして、バックオーダーを抱えるほどの超人気車となったホンダのバイクですが、そのCB400Fのスタイルをさらに引き立たせてくれるチューニングパーツが「ヨシムラ」であると私は思うのです。
 バイク業界では、言わずと知れたヨシムラマフラー。
 大型の1300ccのバイクから50ccの原付バイクのマフラーまでなんでも扱っていますよね。
私は、現在、すべてのバイクの中でヨシムラマフラーが1番の装着率ではないかと思います。
現在では機械曲げによるものが多くなっていますが、CB400Fが全盛期の頃では、職人さんによる手曲げ集合管が走り屋の中でも一番とされていましたね。
そして、ヨシムラ管には、前期と後期があります。
前期はマフラーの排気音量などの規制がかかる前に製造されていた物のことで、後期はその規制後に、対応するように作られたもののことを言います。
前期と後期では音も違い、当時から前期のマフラーが走り屋の方々にも好まれていました。規制に対応させるとなると、どうしても音量を抑えるためにサイレンサー部分を絞らないといけませんからね!
性能だけを考えると前期の方がよかったのは言うまでもありません!
 現在ではCB400Fをレストアされる方でこだわってヨシムラ管の前期を探される方も多いようです。
 今となってはヨシムラ管はとても貴重なマフラーですね。

CB400Fヨシムラキットの威力!

このCB400Fは1973年にデビューして、バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、そのCB400Fのスタイルをさらに引き立たせてくれるチューニングパーツが「ヨシムラ」であると私は思います。
そして、ヨシムラのパーツの中で誰もが知っているチューニングパーツと言えば「CB400Fヨシムラキット」ですよね!
54パイのピストンを使い、458ccにボアアップさせるという内容のチューニングパーツがこのヨシムラキットでした。このヨシムラキットを組んだCB400Fはすさまじいものへと進化するのでした。
エンジンの回転は、なんとレッドゾーンを超える1万回転オーバー!!
ゼロヨンでは軽く13秒台を切る加速!!
最高速度もメーター読みですが、190km/hにも達するというほどです!
当時の2ストロークバイクもついて来れなくなるほどのパワーアップです。
そして、そのパーツと抜群の相性だったヨシムラの手曲げマフラーと組み合わせればカワサキのZ400すらカモれるようになるくらいの性能を発揮するようになるのです!
CB400Fを知り尽くした人でないと、こんなパーツは作れませんよね。
さすがバイク界のオヤジとも言えるヨシムラジャパンですね!

貴重なCB400Fヨシムラキット

このCB400Fは1973年にデビューして、バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、ちょうどその頃から大ブームになった「カフェレーサースタイル」の火付け役はCB400Fだったとも言われていますね。
 そのCB400Fのカフェレーサーのスタイルをさらに引き立たせてくれるパーツが「ヨシムラ」であると私は思います。
そのヨシムラのパーツの中で誰もが知ってるチューニングパーツと言えば「CB400Fヨシムラキット」ですよね!
当時、400ccオーナーは、2ストロークが全盛期だったのです。そして、2ストロークのオーナーは、「4ストロークは音だけで遅い」と口をそろえて言っていました。CB400Fオーナーの皆さんはとても悔しい思いをされてたと思います。
そして、その当時の走り屋と呼ばれる人のバイクは、ヤマハのRD400やスズキのGT380などの2ストローク車でした。
そんな中で、ヨシムラから開発されたCB400F用のヨシムラエンジンキットは信じられないようなチューニングパーツでした!
なんと2ストロークのバイクでさえついて来れないほどになってしまうのです!!
このヨシムラキット、今ではもう入手できないらしいですね。
しかし、世の中には必ず存在するものですから見つけることはできるでしょう。私はそう信じて今も必死に探しております。

CB400Fの魅力を引き立てるヨシムラの歴史

このCB400Fは1973年にデビューして、バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、ちょうどその頃から大ブームになった「カフェレーサースタイル」の火付け役はCB400Fだったとも言われていますね。
 そのCB400Fのカフェレーサーのスタイルをさらに引き立たせてくれるパーツが「ヨシムラ」であると私は思います。
ヨシムラの歴史は古く、昭和29年(1954年)に創立されました。
ヨシムラは公式レースにも参戦し、1964年には鈴鹿18時間耐久レースにも優勝し、ヨシムラというメーカーとしての実力をみせつけてくれましたよね。
昭和29年、ヨシムラジャパン創立者のPOP吉村さんは雑餉隈でオートバイ屋を経営していて、お店に遊びに来ていた米兵をしょっちゅう叱り飛ばしていたということです。遠い国からきた米兵にとって、ヨシムラは唯一くつろげて、自分の家に帰るような感覚で遊びに行ける場所であり、そして自分のことを親身になって怒ってくれる親父のよう存在だったようです。
そんなオートバイ屋ヨシムラの吉村さんを米兵たちは「POP」と呼び親しんでいたそうです。
「POP」というのは、「おやじ」という意味です。
それから、吉村さんは「POP吉村」という愛称で呼ばれるようになったんです!
今となっては、まさにバイクのチューニング界のオヤジとも言える存在ですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。