スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゲインのCB400F販売

世界のHONDAというオートバイメーカーがしのぎを削り生み出した往年の名車、HONDAのCB400F
 そのCB400Fの聖地と呼ばれているショップが大阪狭山市東野中にあるモーターサイクルカスタムファクトリー『アゲイン』です。
 アゲインでは中古車の販売もおこなっています。アゲインの販売ラインナップにはアゲインの代名詞ともいえるCB400Fがズラッと並んでいます。
 このたくさん並んだCB400Fの中から自分の好きなカラー、カスタム、仕様を選んでみてはどうでしょうか。
 ネットでの閲覧の際には、もちろんそれぞれのCB400Fに画像がアップされています。
 そしてそれぞれの詳細な取り付け部品名、現状の走行距離や年式が載っているオートバイもあります。
 どれも70万弱から140万近くするようなオートバイです。問い合わせや見積もりに関しても電話でもメールでも受け付けています。
 そして旧車の中古車販売であるにも関わらず、購入して納車された日から一ヶ月間の保証期間がついています。この期間内のトラブルに関しては無償で対応してくれます。
 さすがはCB400Fの聖地と呼ばれる『アゲイン』と言ったところでしょうか。
スポンサーサイト

CB400Fの聖地『アゲイン』

CB400Fといえば、HONDAが作った初の集合マフラーと、今まで発売していたバイクよりも後退したステップを採用し、国産ながらカフェレーサースタイルを取り入れたバイクとして話題になりました。
また、このCB400Fは発売当時、中型二輪免許でも乗れる唯一の並列4気筒エンジンを搭載したバイクでもありました。
現在、CB400Fは絶版となり旧車となりましたが、今でもファンは全国に数多く居ますよね。
そのCB400Fにおいて抜群の人気と知名度、技術を誇るのが、大阪狭山市東野中にあるバイクショップ『アゲイン』です。
アゲインにてカスタムされたCB400Fは、バイク雑誌の表紙を飾ったり、モーターショーにも出品されるなど高いクオリティーは一般のライダーだけでなくテレビなどのメディアも認めるところとなっています。すごいですよね!
サンテレビの『Like a wind』はバイクスタイル情報番組ですが、こちらのCB400Fの解説でアゲインがマシン協力をしたり、出演している土建屋よしゆきさんのバイクレストア企画でアゲイン代表松永氏が『レストアの匠』として紹介されています。
まさにCB400Fの聖地『アゲイン』ですね!

アゲインのカスタムCB400F

全国の新聞屋さんでよく使われているプレスカブや、スーパーカブを生み出した日本のバイクメーカー、HONDA。そのHONDAが当時、中型二輪免許で唯一乗れる並列4気筒エンジンを搭載したCB400Fは絶版となり旧車となった今でも愛されていますよね。
そのCB400Fのレストア、販売などで「聖地」と呼ばれているショップが大阪狭山市東野中にあるモーターサイクルカスタムファクトリー『アゲイン』です。
アゲインではそのCB400Fのレストア技術のクオリティーの高さなどから全国から多くのCB400Fファンが集まってきています。
また、アゲインが手がけたチューニングCB400Fがバイク雑誌の表紙を飾ったりモーターショーにて展示されたりしていますね。
アゲインのホームページを開くとアゲイン自体が手がけたチューニングマシンの写真がアップされています。
発売当時の『時代』の面影を残しつつも現代風にアレンジされたCB400Fが並びます。
それに混ざって一般のライダー自身のカスタムバイクも並びます。
こちらもアゲインのカスタムに負けることなくこだわりを感じさせるバイクに仕上がっていますね。乗る人によってそれぞれの味が出る、とても愛着のわくバイクですね。

福山雅治も乗ってるCB400F(ヨンフォア)‏

1974~1977年に生産され、今なお人気の高いCB400F、通称ヨンフォア。実はそのCB400F(ヨンフォア)にあの超有名人の福山雅治も乗っているんです!

福山雅治といえば、桜坂など数多くのヒット曲を生み出したシンガーソングライターでもあり、俳優としても活躍しているが、ファンの中では桑田佳祐と並んで「下ネタの帝王」と呼ばれる意外な一面もあります。
 そんな福山雅治は、実は大のバイク好きとしても有名で、福山エンヂニアリングという番組内でCB400F(ヨンフォア)を購入し、テリー伊藤や、伊藤英明と一緒にツーリングに行くなどして「鉄の馬」といわれるオートバイに乗るクレイジーな男という意味の、「crazy horse」というバイクチームも作っているのです。

ちなみに福山雅治の乗っているCB400F(ヨンフォア)とは全長2,050、全幅705、全高1,040、空冷4サイクルOHC 4気筒、408(398)ccです。

そして福山雅治はこのCB400F(ヨンフォア)を買った後、さらにバイクへの熱が高まり大型の免許を取ったそうです。

CB400F(ヨンフォア)は芸能人までをも魅了するのですね。

ヨシムラとCB400Fの密接な関係?!

CB400Fは1973年にデビューして、バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、そのCB400Fのスタイルをさらに引き立たせてくれるチューニングパーツが「ヨシムラ」であると私は思うのです。
 ヨシムラといえばマフラーが有名ですが、当時のマフラーと言えば、インラインフォーのタイプが当たり前とされていた時代に、唯一ヨシムラでは、4in1の集合管タイプを採用していました。
 今になって再認識されたことですが、集合管のシステムは画期的でした。
 各シリンダーからの排気ガスが1本に集合して排出されますよね、その集合する際に、猛スピードで通り抜ける排気ガスが他のシリンダーのエキゾーストパイプに負圧を発生させるのです。
 それが高速で何度も繰り返されるので排気ガスが吸い出される状態になり、結果的に排気効率が飛躍的にアップしたのです。
 それをヨシムラがいち早く気付き始め、現在ではそれが当たり前となっている状態ですね。
 CB400Fはいち早く集合マフラーが製造され、他のバイクを圧倒するほどに性能をアップさせましたからその差は歴然ですよね。
 もしかすると、ヨシムラジャパンというメーカーがあったからこそ、CB400Fがここまで有名なバイクになったのかもしれませんね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。